夢の3dプリンターでどんなものでも作れる?3dプリンター比較WEBサイト

SOLIZE Products株式会社

  • レーダーチャート

    5

SOLIZE Products株式会社は3dプリンターの販売とレンタルを行なっています。3dプリンターにもベースとなる材質に違いがありますが、金属でも紫外線硬化樹脂、さらにはエポキシ樹脂と用途や目的に応じて使い分けを行なっています。

金属3Dプリンターによる受託製造サービスでは、8台の金属造形機と複数の金属素材を用いての高度な製造が行えます。金属3Dプリンターは熟練した操作が必要となる分野で、SOLIZE Products株式会社は豊富なノウハウと実績で好評です。

製造業において、試作品は不可欠と言えます。試作サービスでは、様々なニーズに応じた試作を行うことで効率的に商品開発が行えるようにサポートしています。企業のモノづくりに欠かせない技術とノウハウを提供します。

JMC

  • レーダーチャート

    5

3dプリンターで試作をお願いしたいけれど、どの会社を利用したらよいかわからないと悩んでいる会社も多いのではないでしょうか。3dプリンターで試作をお願いできる会社を比較して掲載しているため、お願いしたいと感じる会社をみつけることができます。

JMCは3dプリンターの試作サービスをお願いできるためお勧めです。どんな素材サイズでも最短1日で製作してもらうことができるため、急に必要になった場合でも安心できるはずです。はじめてお願いする場合でも気軽に応じてもらうことができます。

見積を1時間以内でお願いすることもでき、安心することができます。塗装染色注型などの後加工もお願いすることができるため、相談してみることをお勧めします。工場は年中無休で稼働しています。

DMM.com

  • レーダーチャート

    4

DMM.comの3dプリンター試作サービスは、初めて利用する人でも簡単に利用する事が出来ます。データをアップロードしてモデルチェックをして見積もりを作成して素材を選んでバスケットに入れるだけで自分の作りたい物を作成する事が出来ます。

DMM.comの3dプリンター試作サービスは、ネットで注文して完成した商品を自宅まで届けてくれます。photoshopCCの3d機能とDMM.makeの3dプリントサービスを組み合わせるだけで本格的な3dプリントを楽しむ事が出来ます。

DMM.comの3dプリンター試作サービスでは、自分で作った3dプリント作品を出品する事が出来ます。自分のアイデアを世の中に広める事が出来ると共に、他の人が作った3dプリント作品を購入する事も可能です。

SOLIZE Products株式会社

  • レーダーチャート

    3

SOLIZE Products株式会社は、27年の長きにわたり3dプリンターでの実績をあげてきています。今の時代に必ず必要な3dプリンターです。一つの商品にかかる労力と時間の短縮はコストを下げること間違いなしです。

SOLIZE Products株式会社は、3dプリンターの試作サービスをしています。今まで自社の力だけでは困難な商品開発にとっては大きな力になります。27年の実績は間違いないものでしょう。無くてはならないサービスになります。

時代のニーズにあう企業は、SOLIZE Products株式会社です。3dプリンターを自社で準備するのはなかなか難しい場合があります。試作サービスというとても魅力的なサービスを行っています。

東京リスマチック

  • レーダーチャート

    4

東京リスマチック社は、一般企業の広告や宣伝などに関するクリエイターに印刷などを利用したい方に最も最適な会社です。そしてビジネスツールなどに関する印刷など、販促物のサンプルも充実しており、大変効率よくデザインを考えられます。

東京リスマチック社の扱う3dプリンターは、最近樹脂出力サービスを扱うようになり立体プリントでの試作サービスに最適で、しかも46色から選べるマルチカラーも着色できる本格的な試作品を作成することが可能になりました。

東京23区の多数の店舗では、通常10時から17時ですが、店舗によっては24時間体制でやっていたり、深夜や早朝などによるクリエイターに実にありがたい迅速な対応もしてくれるので非常に便利です。

アリエル

  • レーダーチャート

    3

3dプリンターは企業でも使われることが多い製品ですが、簡単に試作ができるサービスも増えています。プリンターを使って3dの表現ができるので、さまざまな分野で活躍できます。ここでは、3dプリンターの試作サービスを扱う会社を比較しています。

アリエルは3dプリンターを使って試作品をつくるのに特化した会社であり、金属からゴム製品までさまざまな商品を再現することができます。これまでに作ってきた商品も豊富で、試作サービスを利用する際に頼りになる会社です。

試作品を作るだけでなくサポートも充実しており、実際に実現可能な方法を提案してくれる点も魅力です。またさまざまなサンプル品なども扱っており、役立てることができます。

3dプリンターで作れるもの・作れないもの

3dプリンターを利用すると、今まででは平面でしか表現できなかったものも立体で表現できるようになります。
ただまだその技術は進化の過程にあるので、出来るものに比べると出来ないものの方が多いと言うのが実情です。また抑々大きな物を作るのではなく小さな物を作る物となっているので、あまりにも大きな物の場合はそれ全体を一度に立体として表現する事は出来ません。
ただ技術の進歩は非常に早いスピードで進んでいくので、今は出来ないものでも将来的には簡単に作る事が出来る可能性も十分あります。

3dプリンターで作れないものの一つは、柔らかい物です。例えば布地等はその柔らかいような見た目だけを表現する事は出来るのですが、その特性をそのまま作り出す事は出来ません。だから洋服等の場合もその見た目で作る事は出来ますが、決して柔らかい状態にする事は出来ないようになっています。
あくまでも見た目を表現する事が出来るに過ぎず、その樹脂の固さを柔らかくしたり固くしたりして調整する事は現時点ではできません。
勿論線維の1本1本を表現する事ができれば柔らかい状態にする事も出来ないわけではありませんが、まだ現時点ではその細かさまでは対応していない為、あくまでもその見た目の立体を作る事が出来ると言う状態になっています。ただ今後技術が進めば今はまだ見た目しか表現できないような物であったとしても、その風合い、特徴等も全て上手に表現できるようになる可能性があります。

またもう一つ3dプリンターで作れないものと言えば、細かな物です。
地位さい物を作る事が出来るプリンターとなっていますが、糸や髪の毛の様な細い物を表現する事はなかなか難しく、上手く作り上げる事ができません。
ただ1本ずつ作る事は出来ませんが、それをまとめた状態であれば表現する事は出来ます。例えばロープや紐等の太さがあれば、糸や繊維がどのように撚ってあるかもある程度表現する事が出来るようになっています。また精密さを要求される物もあまり作る事は出来ません。
例えば細かな装飾が施されている物の場合、細部まで全部表現する事は出来ないようになっています。ただかなり細かな所の再現は現時点の技術では難しいのですが、3dプリンター自体は小さな物を作る事には非常に適しています。だから小さな部品等を作ったりする事は出来るようになっており、その様なプリンターで作れるものは捨てに企業などでも活用されているのが現状です。

カテゴリ

PAGE TOP