夢の3dプリンターでどんなものでも作れる?3dプリンター比較WEBサイト

Home > 3dプリンターの試作サービスについて > インクを使う3dプリンターの試作サービスの利点

インクを使う3dプリンターの試作サービスの利点

インクを活用してプリントアウトしていく3dプリンターは、レーザーなどと比較しても容易に試作品を作っていけるサービスを提供しています。
他にも色々なメリットがありますが、とにかく造形に関して精度が非常に高くなっています。
さらに細かい部分にも対応しているので、安心して造形することができます。
3dプリンターとして安定した稼働を行えるようになりますが、サポート材に関しても除去が容易に対応することができるのも特徴的です。
その一方で3dプリンターにおけるデメリットもあるので注意しなければなりませんが、とかく本体の価格が高額となっています。
この点でコストが非常にかかってしまうので、維持費も高くなってしまいます。
消耗品だけでなく保守に関してもコストが高額になってしまうので、あらかじめ情報を把握しながら決めていくといいでしょう。



粉末タイプの3dプリンターの試作サービス

粉末状になっている材料を利用しながら試作品を作っていくことができる3dプリンターが、低価格でサービスとして提供されています。
この方式は高出力で照射されるレーザーによって、粉末を焼結させていきます。
そして造形しますが、ナイロンなどでできている粉末樹脂以外にも銅やニッケルなどの金属粉末などを焼結させていきます。
これは幅広く活用できるので、材料もバリエーション豊かになっていきます。
造形を行った後で、高圧のエアを利用して造形物にプリントアウトした時に付着してしまった粉末を除去していきます。
メリットとしては造形に関する精度が高くなっており、細かいところまでしっかりと造形することができます。
また材料についてバリエーションが多いというのも特徴ですが、デメリットとして粉末を焼結する際に表面がどうしてもザラザラしてしまいます。



3dプリンターの試作サービスとは一体何か

一般的なプリンターというと、パソコンやスマートフォンなどで作成した文書であったり、写真などを紙を利用して2次元となる平面によってインクを活用しながら塗布する機械となっています。
家庭でも導入することが多くなっており、2dプリンターとして表現されることもあります。
そんな中で3dプリンターというのは、あくまでも2次元によるものではなく、3次元で試作品を作り出していくサービスを提供しています。
立体的な造形物となり、細かいところまで作成できるようになっています。
仕組みは非常にシンプルで、立体をプリントアウトする時に輪切りにしながら重ねていきます。
これで高さの動きを加えていくものを作り出していくことができます。
試作の合理化に関しても一部もしくは全てで対応することができるようになり、専門業者に頼るコストを削減することができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP