夢の3dプリンターでどんなものでも作れる?3dプリンター比較WEBサイト

Home > 3dプリンターの試作サービスについて > レーザーによる3dプリンターでの試作サービス

レーザーによる3dプリンターでの試作サービス

光硬化樹脂といわれている、紫外線によって硬くなっていく液体樹脂を利用しながらレーザーによる3dプリンターは処理を行っています。
槽に満たした状態の光硬化樹脂へ向かい、紫外線を含んだレーザーを照射していきます。
まるでひと筆書きをしているかのように照射しますが、これで造形して試作品などを提供するサービスとなっています。
一層目の造形処理が終わったところで、プラットフォームが一段下がります。
そして同じ作業を何度も繰り返していくことにより、 3dプリンターとして立派な造形物を作り出していきます。
メリットとしては造形精度が他の3dプリンター以上に高くなっており、複雑な形状になっていても完璧に製作することができます。
そして表面が非常に滑らかに仕上がっていくので、二次加工という表面処理にも向いています。
しかし時間がかかってしまうデメリットもあるので、把握しながら活用していきましょう。



インクによる3dプリンターの試作サービスを使う

光造形型となっている3dプリンターと同じように、光硬化樹脂といわれている紫外線によって硬化させていく液体樹脂を活用していきます。
ヘッドから光硬化樹脂を噴射していった後で、すぐに3dプリンターから紫外線が照射されていきます。
硬化させることによって、造形する際に容易に型取りをすることができます。
造形物の本体やサポート材をしっかりと使い分けていくことができますが、サポート材というのは目的となる造形物の材料となるモデル材を活用して形状を保つ資材です。
同じような材料を利用していきますが、試作品のプリントを終えたところで除去されるようになっています。
必ず必要ということではなく、サービス感覚で利用することもあります。
造形した後でサポートできるように働いていきますが、完成品では除去されているので安心することもできます。



3d状の物をプリンターで試作できるサービス

3dプリンターとは、自分が作りたい立体状の物をデータ化し、それをプリンターに読み込ませて目的の物を作る装置のことを指します。
最近では一般的に普及してきて、様々なサービスが提供されています。
手元に装置がない、あるいは予算が足りなくて買えないという場合には、データを送るだけで試作してくれる、目的の物を作ってくれるというサービスがあります。
このサービスの利点は実際に高いお金を払って機器を買う必要がない、機器を置く場所がないなど機器を置く必要が無いところです。
しかし逆にデメリットもあります。
手元に装置がないから、試作が届くまでどのようなものかわからない。
自分でプリントするよりも費用が高くなるなどが挙げられます。
予算にゆとりがある方や、自分で作ってみたいと思う方、急ぎの用事があるという方は機器を自分で購入した方がいいとおもいます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP