夢の3dプリンターでどんなものでも作れる?3dプリンター比較WEBサイト

Home > 3dプリンターの試作サービスについて > 3dのプリンターで試作をサービスする

3dのプリンターで試作をサービスする

3dプリンターが市民権を得てきました。
少し前までは物凄く高額で特定の専門業者ではないと利用をすることができませんでした。
専門業でしか設置をすることができず、プリントアウトをする際のコストもかかりすぎていました。
コストだけではありません。
時間もかなり罹っていることが多かったです。
しかし最近では利用者も増えていますし、気軽に利用をすることが出来るようになりました。
試作品をプリントをするということも可能です。
何かを作り出すときには、試作品をサービスして仕上がりの状態を確認をすることが出来るようになっています。
個人では中々購入をすることが出来ないということもあるので、依頼をした際に想像しやすくしてくれるのはとても助かります。
依頼を受けてくれる業者もオンラインでチェックをして相談をしてみるのもよいかもしれません。



3dで印刷可なプリンターによる試作品製作サービス

3dプリンターによる試作品造形サービスは、非常に実用的になりました。
従来は石膏、樹脂などの材料が主流でした。
近年では金属を素材として用いることが可能になったため、強度試験が必要な試作品に置いても高い再現性を得ることができます。
 材料が金属の場合、従来は試験部品を削り出すことで製作していました。
しかし、この方法は金型などで量産品に移行した場合の抜き勾配の再現が難しく、ストレートで代用する場合がしばしばです。
また細かいRの多い削り出しは刃物を多く必要とするので、価格も高騰しがちで、納期も3か月など言われても受け入れるしかありません。
 これらの問題を一気に解決できるのが3dプリンターです。
こちらでデータを作成していれば、短納期で量産品と同様の形状を造形することが可能です。
試作品を製作するなら、もはや外せない造形方法となっています。



3dの特殊プリンターで試作品が作れるサービス

いよいよ3dプリンターが実用化されました。
しかし、まだまだ値段が高くて一般の企業にまでは普及していません。
性能のいいものなら、一台あたり数千万円することもあります。
また、材料には高価な金属を使うのが普通です。
そのコストも馬鹿にはなりませんから、そう簡単に何かを作るということはできません。
企業が何かしらの商品を作る際には、まず試作品を作って、問題がないかどうか確認します。
その際に、3dの詳細な模型を作ることができれば便利ですよね。
ですから、3dプリンターを使いたいと希望している人たちは多いわけです。
しかし、コストの問題で断念をする人が多いのも事実です。
そうした状況下において、新しいサービスが登場し始めました。
業者が企業に代わって機材を導入し、企業からの依頼を受けて試作品作りをするサービスです。
こうしたサービスを使えば、低コストで理想的な試作品を作ることが可能となります。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP