夢の3dプリンターでどんなものでも作れる?3dプリンター比較WEBサイト

Home > 3dプリンターの試作サービスについて > 3dプリンターは試作サービスの効率を上げる

3dプリンターは試作サービスの効率を上げる

一部もしくは全ての試作品を3dプリンターで仕上げている企業もありますが、これらの工程を自社で行っていくと設計だけでなく評価まで考えていくことができます。
これは他の企業などに依頼したり、コスト面などで大幅に減らしていくことができます。
サービスを展開することによって、節約したコストや時間といった経営資源を新たな試みへと活用することができます。
そして3dプリンターはモノづくりの循環を円滑にしていきます。
様々な試作品を作っていく中で、熱溶解型も代表的といわれています。
この方式で提供される試作サービスの特徴をみていくと、まずプラスチックなどを使うという点にあります。
固形材料を常にプリントアウトする時には高温で溶かしていき、まるでソフトクリームのような状態から一層ずつ積み重ねながら造形していきます。
低コストで実現できるので、人気の高い方式となっています。



3dプリンターで試作サービスを使う前に知ること

3dプリンターというのは立体物を表していくデータを参考にしながら試作品を作っていきます。
企業ではサービスとして展開していることもありますが、主に樹脂などを加工しながら作っていく装置となっています。
これまでのプリンターを見ていくと2次元で、デジタルデータを活用しながら紙などにインクを利用して文字や図形を印刷していました。
平面状となっているサービスでしたが、3dプリンターはこれに対して、空間を利用して作り出していきます。
樹脂などを何層にもデータを参考にして積み重ねていくとともに、デジタルデータを活用しながら立体的な造形物に仕上げていきます。
実体化だけでなく可視化できるのもメリットとなっており、今後も注目される装置となっています。
医療業界などで精密な部品などを作り出していき、色々なビジネスに利用できるようになっています。



低価格の3dプリンターで試作サービス

最近技術の進歩によって、低価格で提供されるようになっているのが3dプリンターです。
企業だけでなく家庭用として3dプリンターが活用されるようになりましたが、大半が熱溶解型となっています。
試作品の提供を行っているサービスを展開している企業でも、熱溶解型を採用していることが多いです。
機種も多くリリースされていますが、主にABSやPLAといった樹脂を活用することが多いです。
また市販されている状態に近いように仕上げていくことができるのも、試作品を作る際に活用される理由となっています。
造形物が限りなく現物に近い状態だと、様々なシミュレーションにも役立てることができます。
そして本体だけでなく、材料も一緒に低価格で購入できるのも特徴的です。
コンパクト設計も可能となっており、狭いスペースでも活用することも可能です。
ヘッドが積層面をしっかりとなぞるので、造形物に対して積層痕が残りません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP